院長ブログ

ブログトップページ > 院長ブログ

ご予約・お問合せはこちら

たるみが減って小顔になりました!

カテゴリ:たるみ治療  投稿日:2016年5月8日

こんにちは。広島のすず美容形成外科医院の岩垂鈴香です。

たるみの治療にはフェイスリフト、スレッドリフト、注入治療、あと器械による照射系の治療とがあります。気軽に受けられる治療としてはやはり器械による治療が一番楽かもしれません。注射や糸の穴のダウンタイムも取れないわ、という方におススメです。

この方は30代の女性です。高密度焦点式超音波装置(HIFU)で治療を行いました。

004-1

治療後3ヵ月です。

001-1

頬周囲のお肉のもたつきがとても減少して小顔になっています。HIFUの効果はだいたい自分の経験では治療後1ヵ月頃がピークだと思っておりましたが、この方は3ヵ月目まで治療効果のピークが継続しました。周囲の人から、何かしたんでしょ?!とたくさん言われたそうです。この経過を近くで見た彼女の周りの方々が同じ治療をお受けになりたいとのことで受診くださったほどです。

高密度焦点式超音波装置は、フェイスリフトで吊り上げる筋膜の層であるSMAS(Superficial MusculoAponeurotic System)に超音波の焦点を当て、熱の作用で筋膜を引き締める治療器械です。たとえて言うと熱したフライパンでお肉を焼くと、じゅっと肉が焼き縮むのと同じような原理ですが、そこまでの熱ではありませんのでご心配のないようお願いいたします。照射するとフェイスリフトで吊り上げる層が引き締まりますので、頬のお肉やフェイスラインのぶよぶよしたたるみが改善します。注射や糸などのダウンタイムがとれない方には良い適応だと思います。もちろん、10年20年効果の持続するフェイスリフトの治療をお受けになれる時間がある方には、手術も良い方法だと思います。 症例写真の掲載の許諾頂きこの場を借りて心より感謝いたします。

P1030847

ご家族でいつも来てくださる素敵な方から頂戴しました。おいしいお菓子をご馳走様でした。皆喜んで頂きました。本当にありがとうございます。おかげさまで仕事を張り切って頑張れます。

すず美容形成外科医院(広島の美容外科、形成外科、美容皮膚科、二重形成、鼻形成、しみ、しわ、たるみ)お電話は082-222-6671 HPは http://www.suzu-clinic.com メールでのお問い合わせは http://www.suzu-clinic.com/contact/index.html#mail_form