院長ブログ

ブログトップページ > 院長ブログ

ご予約・お問合せはこちら

日本美容外科学会に参加して勉強になったこと

カテゴリ:メソセラピー  投稿日:2019年10月11日

こんにちは。広島のすず美容形成外科医院の岩垂鈴香です。

先日、日本美容外科学会に参加して参りました。

今回の学会で勉強になったことは、メソセラピーに関しての講演でした。

目の手術や鼻の手術に関しても、もちろん勉強になっているのですが、手術の発表ばかり聞いているいつもの学会と異なり、特別講演という全員が聞くチャンスがある時間帯に、メソセラピーの講演があったので、普段はあまりじっくり聞く機会のない演題をゆっくり聞くことができました。

メソセラピーの発祥はヨーロッパであり、フランスが元祖と聞いたことがあります。

今回の講演のドクターはドイツ人の女性医師でしたが、多種多様な治療をメソセラピーで実施しているヨーロッパでも有数の権威ある先生です。

メソセラピーと言うと、日本では脂肪溶解注射を思い浮かべることが多いと思いますが、本当は、色々な薬剤を皮膚や皮下に注射すること全てを指します。

しわやたるみなどのアンチエイジング治療や、にきびやにきび跡などの赤み、炎症性の皮膚炎の治療、肝斑も改善していました。

もちろん、皮下脂肪の減量治療である、脂肪溶解も治療対象です。

メソセラピーの治療結果を左右するのは、どの薬剤を使用するのかということと、注射する手技がとても重要な要素になります。

このドクターは、アンチエイジング治療に対して薬剤を針でチクチク痛くない程度に浸透させる方法、ナパージュ法の手技を動画で公開していました。

上手な手つきで行っており、とても勉強になりました。動画を拝見して再度実感したのですが、ナパージュ法を均一に上手に行うのは熟練が必要だと思います。

私は常に同じ状態でナパージュ法を行う自信に揺らぎを感じるので、専用の器機で行うことにしています。

しわやたるみ、にきびやにきび跡などにとても良い結果の写真を発表されていましたので、そのような治療が自分でもできるように頑張りたいと思いました。

当院で使用している器機はこれです。

 

 

 

痛くなくて優秀な注射器です。

秋は学会シーズンですので、知見を深く掘り下げて行きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

すず美容形成外科医院(広島の美容外科、形成外科、美容皮膚科、二重形成、鼻形成、しみ、しわ、たるみ)お電話は082-222-6671 HPは http://www.suzu-clinic.com メールでのお問い合わせは http://www.suzu-clinic.com/contact/index.html#mail_form