院長ブログ

ブログトップページ > 院長ブログ

ご予約・お問合せはこちら

目もとの印象は目の下も・・

カテゴリ:目袋・目のくま  投稿日:2017年2月18日

みなさまこんにちは。広島のすず美容形成外科医院の岩垂鈴香です。

人の印象は目元が大変大きく響いてきます。そのためふたえの治療は重要な位置にあると言えます。それと同様に、目の下のクマも非常に気になる症状の1つです。目の周囲に気に入らない症状があると、ずっと気になってしまいます。

目の下のクマの治療方法は、症状に合わせて考えなくてはいけませんが、眼窩脂肪の脱出による膨らみで凹凸が目立つ場合や、皮膚が薄いため中の筋肉の色が透けて見える場合などが多くみられます。

中の筋肉は透けて見えるけど、凹凸がほとんどない場合は、コラーゲンや自己脂肪などの注入療法が良いかな、と考えています。PRPも良い治療ですが、増大させるボリュームのコントロールに個人差があるため、コントロールの良いコラーゲンなどを用いることが多いです。

凹凸が目立つ場合は、注入治療だけで綺麗な形にするのが難しいので、眼窩脂肪を結膜から除去する手術を併用するほうが結果が良いと思っています。

経年変化を見ていますと、経結膜脱脂と注入療法を併用して治療した方は、下眼瞼のたるみがあまり進行していないように感じています。患者さんからも、そのような声を頂くことが多いです。

先日、かなり以前に下眼瞼の脂肪除去と注入治療を行った方がいらっしゃって、頬のたるみやしわが気になりますとのことでした。ですが、”そうそう、目の下のたるみはずっと改善したままキープできてます。手術してよかったです。”と付け加えて下さいました。

目力をキープするには、ふたえも大変重要ですが、目の下もたるんでいないことも重要な要素だと思います。

術前

経結膜脱脂+コラーゲン注入の術後です。

悩んでいらっしゃる方の参考になりましたら幸いです。

先日、患者さんから頂戴したお菓子です。

いつもみな様本当にありがとうございます。

このように患者さんから良くして頂いて私たちは大変幸せ者です。当院にきてくださる患者さんのため、常に努力して参りたいと存じますので、今後ともすず美容形成外科医院をどうぞよろしくお願いいたします。

 

すず美容形成外科医院(広島の美容外科、形成外科、美容皮膚科、二重形成、鼻形成、しみ、しわ、たるみ)お電話は082-222-6671 HPは http://www.suzu-clinic.com メールでのお問い合わせは http://www.suzu-clinic.com/contact/index.html#mail_form