院長ブログ

ブログトップページ > 院長ブログ

ご予約・お問合せはこちら

眼瞼下垂の治療

カテゴリ:眼瞼下垂  投稿日:2019年5月21日

こんにちは。広島のすず美容形成外科医院の岩垂鈴香です。

眼瞼下垂の治療は基本的に切開して挙筋腱膜を前転する手術を行っています。

切らない眼瞼下垂は軽い症状の方にはなんとかできる場合もあるのですが、しっかり下がっている方は、切らないと上がらないのが現状です。

挙筋腱膜を前転する場合は、上眼瞼の開瞼のバランスが大事になってきます。もちろん左右差もです。

また、くぼみ目などの症状がある時は、眼窩脂肪のバランスも大事だと思います。

そして、皮膚の余剰と二重のバランスもとても重要です。

これらを考えて手術をするように努めています。

眼瞼下垂の手術前

 

 

手術後

 

 

黒目がでる量が増えて、二重が細くなる方向になります。

この方はくぼみ目がないのと余剰皮膚がそれほどないです。

参考になりましたら幸いです。

 

 

 

すず美容形成外科医院(広島の美容外科、形成外科、美容皮膚科、二重形成、鼻形成、しみ、しわ、たるみ)お電話は082-222-6671 HPは http://www.suzu-clinic.com メールでのお問い合わせは http://www.suzu-clinic.com/contact/index.html#mail_form