院長ブログ

ブログトップページ > 院長ブログ

ご予約・お問合せはこちら

スネコス(小じわ・目のクマの治療)

カテゴリ:症例写真  投稿日:2021年8月12日

こんにちは。広島のすず美容形成外科医院の岩垂 鈴香です。

スネコスとは

SUNEKOS(スネコス)はイタリアで生まれたアンチエイジングのための新世代注射です。
スキンブースターとしてコラーゲンとエラスチン合成を同時に促進させ、真皮の弾力・張力を回復させます。
目元・口元の小じわ、ハリ・弾力の低下、たるみ、うるおい保湿不足などを改善します。
スネコスの効果は1回で実感することが難しく、定期的に治療をすることで、お肌を土台となるコラーゲンを維持することができる注射治療です。

スネコスは、非架橋の低分子ヒアルロン酸と6種のアミノ酸を特許比率で配合した製剤です。薬剤を真皮層に注入することで、コラーゲン・エラスチンの合成を同時に誘発し、肌の弾力やハリを回復させていく治療です。

真皮の細胞外マトリックスを生理学的プロセスで再生させるアプローチ法はスネコス独自のもので、その有効性と安全性は様々な試験により証明されているそうです。

スネコスに配合されているのは、架橋されていない低分子のヒアルロン酸です。さらっとした形状で、皮膚の内側の水分を保ち、肌にハリや潤いをもたらします。線維芽細胞を刺激する作用もあります。

6種のアミノ酸は、グリシン、L-プロリン、L-リジン、L-アラニン、 L-バリン、 L-ロイシンの6種のアミノ酸を特殊な比率で配合しています。

ヒアルロン酸単独よりも、特殊な比率のアミノ酸が加わることでコラーゲン・エラスチンの再生がより促進され、肌自体の再生、ハリ・弾力・ツヤの改善に高い効果を発揮するとのことです。

スネコスには、肌のボリュームアップ効果、抗しわ効果、保湿効果などの効果があり、注入から10日後には抗しわ作用が見られます。また、注入から約1ヵ月でコラーゲン・エラスチンの増生効果が発現し、さらなるツヤ・キメの改善・肌の弾力性(ハリ)が増し、しわ減少効果が現れます。

真皮内には、線維芽細胞という細胞があり、この細胞がコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を産生しています。この線維芽細胞以外の部位が細胞外マトリックスです。

最近、この細胞外マトリックスが線維芽細胞を刺激し、常に新しい細胞を生み出し肌組織を維持していくはたらきを増幅させていくことが明らかになってきました。

スネコスは、皮内にヒアルロン酸とアミノ酸を与えて、細胞外マトリックスを再生する新しい肌再生治療です。より自然で健康的なプロセスで、肌を若々しくしていく治療です。

スネコスには200と1200があります。

当院では、セミナーで習ったおすすめの方法に従って治療しております。

スネコス200を1週間から10日間隔で4回。

その後1か月間隔でスネコス1200を2回。

そのコースで治療した方のお写真ができましたので供覧させて頂きます。

 

治療前

 

 

 

 

 

スネコス200を1回治療後

 

 

 

 

スネコス200を2回治療後

 

 

スネコス200を3回治療後

 

 

 

 

スネコス200を4回治療後

 

 

 

 

スネコス1200を1回治療後

 


 

 

 

スネコス1200を2回治療後

 

 

 

合併症

疼痛、皮下出血、腫脹などです。

お写真を提供くださったモニターの方には心より感謝申し上げます。

皆様の参考になりましたら幸いです。

 

 

すず美容形成外科医院(広島の美容外科、形成外科、美容皮膚科、二重形成、鼻形成、しみ、しわ、たるみ)お電話は082-222-6671 HPは http://www.suzu-clinic.com メールでのお問い合わせは http://www.suzu-clinic.com/contact/index.html#mail_form