院長ブログ

ブログトップページ > 院長ブログ

ご予約・お問合せはこちら

乳頭縮小術

カテゴリ:症例写真  投稿日:2021年8月19日

こんにちは。広島のすず美容形成外科医院の岩垂鈴香です。

乳首が大きく肥大していると女性のコンプレックスになります。また、乳首は授乳を通して大きくなります。妊娠すると、乳首は授乳のために大きくなるのですが、授乳を終えた後もそのままの大きさで残ってしまいます。ときには、授乳中に長く伸び、垂れ下がってしまうケースもあります。こうした大きな乳首は、乳頭縮小術で小さくすることが可能です。

乳頭縮小術とは乳頭を小さくする目的で行う手術です。乳頭の高さや幅を調整し、全体的な形をきれいに整えます。。乳管本来の機能を残しながら余分な組織を取り除く術式と、乳管を切除する方法とがあります。

乳管を温存する術式の場合、授乳への影響はありません。出産前の女性にも安心して施術を受けていただけます。乳管を切除する方法は、大きさをかなり小さくしたい場合に適していますが、術後に授乳することができなくなります。

乳頭縮小術は、「高さを低くする」と「直径を小さくする」という目的によって、デザインが異なります。なお、いずれにおいても乳頭の余分な組織を取り除いて縫合する手術です。傷跡はあまり目立ちにくい治療です。

モニター症例を供覧させて頂きます。

症例は乳管を切除する方法です。

 

術前

 

 

 

術後

 

 

 

 

 

 

 

 

合併症

出血、感染、傷跡、再肥大、感覚鈍麻、変形などです。

費用  ¥ 330,000 です。

 

 

 

すず美容形成外科医院(広島の美容外科、形成外科、美容皮膚科、二重形成、鼻形成、しみ、しわ、たるみ)お電話は082-222-6671 HPは http://www.suzu-clinic.com メールでのお問い合わせは http://www.suzu-clinic.com/contact/index.html#mail_form