院長ブログ

ブログトップページ > 院長ブログ

ご予約・お問合せはこちら

おすすめ治療:しわ・ほうれい線治療・ヒアルロン酸

カテゴリ:おすすめ治療  投稿日:2022年5月11日

こんにちは。広島のすず美容形成外科医院の岩垂鈴香です。

ヒアルロン酸注射について

ヒアルロン酸とはもともと体内に存在するものですが、加齢とともにヒアルロン酸の生成量は減少していきます。体内に存在するヒアルロン酸の量は、幼少時がもっとも多く、30代以降は急に減少していきます。

ヒアルロン酸には水分を保持する能力があります。肌のヒアルロン酸が減少すると、その影響で肌の保水力が低下し、ハリが失われてしわやたるみなどの老化現象が始まります。しわやたるみの原因には、骨の縮小や筋肉や脂肪の老化なども複雑に絡み合い顔のボリュームロスが生じてきます。

老化現象である水分や顔のボリューム減少の治療には、ボリュームを増やす治療が適応です。ボリュームを増やす方法は、ヒアルロン酸注射が一般的です。その他には自己脂肪移植、自己血液によるPRP注射、その他の注入薬剤としてコラーゲンやポリカプロラクトン、ハイドロキシアパタイトなどが挙げられます。

薬剤としてのヒアルロン酸の利点は、ヒアルロン酸をすぐに溶かすことができる薬があることです。ヒアルロン酸注射を行って嫌だった場合、すぐに元に戻せます。その他の薬剤には溶解剤はありません。しわの注射治療をしたことがない方にとって、治療後のイメージがわからず不安が大きいと思われますが、可逆的な治療であれば不安も少なくなります。また、自分の脂肪や血液を採取する必要もなく気軽です。

ヒアルロン酸の適応部位で最も需要が多いのは、ほうれい線です。。その他にはマリオネットラインや目の下のくぼみ、目の下のしわ、そしてゴルゴラインなどです。その他にもたくさん適応があります。こめかみのくぼみやおでこのしわ、頬のコケた状態、口唇のしわ、口周りのしわ、眉間や鼻のしわにも使用できます。ヒアルロン酸はボリュームアップする治療なので、鼻を高くしたり、あごを前に出したり、おでこを丸くしたりなど輪郭の治療にも用いることができます。

しわ、ほうれい線が気になる場合の選択肢として最初にお勧めしやすい治療です。

 

当院のヒアルロン酸の費用です。

 

1cc 1本 ¥60,000 

 

ヒアルロン酸が何cc必要かは、症状によって異なりますので診察の際にご説明させて頂いております。

 

すず美容形成外科医院(広島の美容外科、形成外科、美容皮膚科、二重形成、鼻形成、しみ、しわ、たるみ)お電話は082-222-6671 HPは http://www.suzu-clinic.com メールでのお問い合わせは http://www.suzu-clinic.com/contact/index.html#mail_form