院長ブログ

Blog

2022年2月10日

今月のおすすめ治療:ダーマペン4+幹細胞成長因子(3月限定)

今月のおすすめ治療:ダーマペン4+幹細胞成長因子(3月限定)

カテゴリ:アンチエイジング  投稿日:2022年2月10日

こんにちは。広島のすず美容形成外科医院の岩垂鈴香です。

ダーマペンとは、先端に16本の極細の針が最大120回/秒の上下運動を行います。それにより、1920個/秒の小さな穴を肌に開けることができ、肌の自然治癒の過程でコラーゲンやエラスチンが生成されることで、肌再生を促す治療方法です。ニキビ跡や毛穴、小じわなどに効果を発揮します。

ダーマペンで肌に微細な穴をあけて、そこに成長因子を導入することによって、皮膚の再生が行われ小じわやニキビ跡、毛穴のたるみなどの改善を図ります。

 

 

幹細胞成長因子とは、正確にはヒト幹細胞培養上清液です。体内に存在する歯髄・臍帯・骨髄・脂肪など間葉系幹細胞と分類される幹細胞を培養し、その培養液から幹細胞を取り出して滅菌等の各種処理を行った液体を言います。

幹細胞は細胞自身が活性化・成長・増殖するためにサイトカインという様々な種類の生理活性タンパク質を放出しています。サイトカインは、体内の細胞の機能回復に重要な役割を果たし、老化などにより衰えた細胞の回復を助長する効果が期待されます。この幹細胞を体外で培養して遠心分離後、細胞や不純物を取り除いた上澄みが上清液です。上清液中にサイトカインが多く含まれています。 当院が使用する幹細胞培養上清液は、臍帯由来、歯髄由来、骨髄由来、脂肪由来などがあります。

ダーマペンと幹細胞成長因子を併用すると、薬剤が肌の奥まで浸透し、単純に塗布を行う場合よりも成分の浸透率が上がり、肌を再生させる効果が高くなると考えられています。

1回の治療でも効果を実感していただけますが、継続的な治療でより美しい肌を目指すことができます。目安としては、、毛穴、肌質の改善を目的とした場合、1ヶ月毎に4〜6回程度の治療を受けていただくと、高い効果を期待できます。

施術後数日間のうちに、赤みやかゆみ、乾燥、ほてり、ひりひり感が生じる場合があります。その後皮むけが生じてくることがあります。

通常これらの症状もすみやかに改善していきます。

注意点として、トレチノインを使用している方は、2週間休薬してからお受けください。

気になる費用ですが、モニター価格3月末まで、

顔全体 ¥16,500 となります。

宜しくお願いいたします。

 

 

すず美容形成外科医院(広島の美容外科、形成外科、美容皮膚科、二重形成、鼻形成、しみ、しわ、たるみ)お電話は082-222-6671 HPは http://www.suzu-clinic.com メールでのお問い合わせは http://www.suzu-clinic.com/contact/index.html#mail_form