院長ブログ

ブログトップページ > 院長ブログ

ご予約・お問合せはこちら

目頭切開について

カテゴリ:症例写真, 目頭切開  投稿日:2021年6月8日

こんにちは。広島のすず美容形成外科医院の岩垂鈴香です。

目頭切開とは、目頭に覆いかぶさっている蒙古(もうこ)ヒダという余剰皮膚を切除することで、ヒダによって隠された部分を取り除き、目を大きく見せる手術です。 日本人は蒙古ヒダがしっかりとある方が多いです。 

蒙古ヒダの突っ張りが目立ち、目が小さく見える方や、平行型の二重のラインを希望される方に向ている手術です。

蒙古ヒダが発達した方にとって、目頭切開をすると目が大きい印象になり、目の内側の上下方向と内側方向のバランスが整います。

手術方法ですが、Z形成、W形成、リドレープ法などがあります。

当院では、最近流行のリドレープ法またはZ形成の変法を行っております。

目頭の形状を患者さんの希望によって微調整しやすいと考えています。

症例写真です。術後、たくさんのタイミングで写真を取らせて頂くことができましたので供覧させて頂きます。

非常に控えめな目頭切開です。

 

術前

 

 

 

術直後

 

 

 

術後数時間

 

 

 

術後1日

 

 

 

術後3日

 

 

 

術後6日

 

 

 

術後1週間

 

 

 

術後2週間

 

 

 

術後1か月半

 

 

 

 

すず美容形成外科医院(広島の美容外科、形成外科、美容皮膚科、二重形成、鼻形成、しみ、しわ、たるみ)お電話は082-222-6671 HPは http://www.suzu-clinic.com メールでのお問い合わせは http://www.suzu-clinic.com/contact/index.html#mail_form