目元の施術

二重切開法

切る二重術 二重切開法
切開式重瞼術

まぶたの腫れぼったさが気になる方や皮膚のたるみが多い方、目を開ける力が弱い方、以前に埋没法で二重にしたけれど取れてしまった方などに良い適応です。

全切開法

希望の二重のラインにそって切開し、その方の状態に応じて解剖学上、二重の構造を作るよう手術します。

例えば腫れぼったさが気になる方の場合には、眼窩脂肪や眼輪筋、瞼板前組織、隔膜前脂肪などを切除して、皮膚のたるみが気になる方の場合には皮膚切除を行います。

術後約1週間で抜糸し、腫れや内出血2週間ほどで落ち着いてきます。

術前にプジーでシミュレーションした時の二重に落ち着くまで通常3~4か月程度です。

二重修正術

以前、埋没法で手術を受けたけど二重がゆるんで浅く薄くなってしまった方。

切開法で手術を受けたけど希望通りの二重にならず、広すぎる二重、狭すぎる二重の方。

以前手術しても経年変化でたるんだり、三重になったり、くぼんできた方など色々な症状の方がいらっしゃると思います。

二重が浅くなった場合は、脂肪や筋肉が邪魔している場合がほとんどですので、これを処置すると改善します。

二重が狭い場合は、広いデザインで行えば基本的に改善します。

二重が広い場合は中の状態によりかなり左右されますので、改善できる場合とそうでない場合があります。

経年変化でたるんだ場合は、皮膚を切除したり、脂肪を移動させたり、眼瞼挙筋を処置したりするなど色々なことで対応することになります。

なるべく希望に沿って仕上がるように考えて手術に臨んでいます。

全切開法、二重修正術

リスク・副作用・注意点
内出血、左右差、腫れ、元に戻るなど