鼻の施術

鼻中隔延長術

鼻中隔延長術

生まれつき鼻先が上を向いている、いわゆるプタ鼻を下向きに治したい方に行う方法です。鼻柱が上にあがっているので下げたい方にも良い適応があります。 鼻の穴が正面から見えている人は、この手術により鼻の穴が見えにくくなり、鼻が長いイメージになります。 鼻の真ん中が長く見えると、美人顔になります。

鼻が上を向いているのは阜中隔軟骨の長さが短いことが原因です。鼻中隔延長術では鼻中隔に採取した軟骨を移植することにより鼻中隔を延長し、鼻を長く下向きにします。

鼻中隔延長術は、鼻の穴を下向きにする効果だけではなく、鼻先を綺麗に尖らせる効果がある治療です。 延長する際に移植軟骨の向きを調節することにより、鼻背を高くすることもできます。

鼻尖部分の形態や鼻根部を高くするには、隆鼻術や鼻尖形成術などが必要になりますが、鼻の立体構造の基本的骨組みを改善する手術です。

鼻が上を向いているのは阜中隔軟骨の長さが短いことが原因です。鼻中隔延長術では鼻中隔に採取した軟骨を移植することにより鼻中隔を延長し、鼻を長く下向きにします。

鼻中隔延長術は、鼻の穴を下向きにする効果だけではなく、鼻先を綺麗に尖らせる効果がある治療です。 延長する際に移植軟骨の向きを調節することにより、鼻背を高くすることもできます。

鼻尖部分の形態や鼻根部を高くするには、隆鼻術や鼻尖形成術などが必要になりますが、鼻の立体構造の基本的骨組みを改善する手術です。

鼻尖縮小術 方法

鼻中隔軟骨は、鼻の中に親指と人差し指をいれてはさむと奥のほうで指の間に触れます。この鼻中隔に軟骨を移植し鼻を長くします。 鼻中隔延長に使用する軟骨は、耳介軟骨や鼻中隔軟骨、肋軟骨を使用します。 耳介軟骨は耳の裏側の皮膚を切開して、耳の軟骨の一部分を採取しますが耳が変形することはありません。

鼻中隔軟骨は、鼻中隔延長のアプローチから採取できます。ただし、以前に鼻閉の症状で鼻中隔湾曲症の手術を受けている方は、鼻中隔軟骨の採取がてきません。

当院では鼻中隔軟骨による鼻中隔延長術を行うのを基本としています。肋軟骨は、右の乳房の下あたりで6番目か7番目の肋軟骨を採取します。胸部に変形はきたしませんが、術後少し痛みがあります。 アプローチはクローズ法とオープン法が選択できます。 アプローチから鼻翼軟骨を展閉すると鼻中隔軟骨が出てきます。これを移植軟骨が縫合できる範囲剥離して、移植軟骨を縫合し延長します。軟骨を経合する際には、術後の経過と共に鼻が曲がらないように、しっかりと移植軟骨を鼻中隔軟骨に縫合します。この際、土台になる鼻中隔軟骨の血流が悪くならないようにし、鼻尖の形態が良い方向になるよう形作ることが大切です。

鼻中隔延長術の限界は、皮膚がどこまで伸びるか、鼻腔粘膜がどこまで伸びるかによって決まります。

術後の傷ですが、オープン法であっても傷跡はほぼ目立ちません。
鼻の穴が見える団子鼻の人や鼻先が丸い方はこの手術で改善します。鼻中隔延長術は、鼻のバランスをきれいに整えることが可能な手術であると思います。 鼻中隔延長術によって、相対的に鼻翼の幅が狭く見えるようになったり、鼻尖の向きが変わります。そのため鼻翼の形態や鼻尖の形態も気になる人は、基本的に鼻中隔延長の手術が望ましいことになります。 実際には、鼻中隔延長術に鼻尖形成術、隆鼻術を同時に行うことが多いです。
リスク・副作用・注意点
内出血、腫れ、イメージ通りにならない など