美容皮膚科

にきび・にきび跡・毛穴
ほくろ・美肌治療

にきび・にきび跡・毛穴・ほくろ・美肌治療

ニキビ

にきびの原因は、ホルモンバランスの乱れ、毛穴の皮胆の過刹分泌、アクネ菌の感染、毛穴の角栓過剥など楼々あります。すくに治れは見た目に関与しにくいのですが、長引くと色素沈善やニキビ跡になってしまいます。逆に早期の治療をするとニキビ跡にならず、色素沈蓄にもならずに改善でぎます。

当院では、ターンオーバーを促すケミカルビーリング、エレクトロボレーション酒入、にきびのしーザー照射などの冶療法を行っていますeこれらを上手に駆使すると、薬で改善しないにきびも早く回役してくれ、にきびの悩みを総合的に解決できるようになってきたと考えています。これまで他のにきび治療で効果がなく、締めてしまっていた方にお勧めです。

また、このように、にきびが早く改善する治療を継続していると、にぎびの後に赤くなった状態や、白くなってしまったくぼみができなくなるので、ニキビ跡に位むことは減少するでしょう。つまり、ニキビ跡の悩みはニキビの治療をどのように行ぅたかにかかっています、にきびは若い方に多いので、若いうちは見た目のことを気にせず放匿されてしまうことがありますがにきびを放置してニキビ跡になった状態を大人になってから治療しようとしても、なかなか早く改筈することができなくなります。にきひは少しでも早く治療してあげることが見た目にとっては良い結果をもたらすと思います。

ニキビ跡

ニキビ跡の陥凹は、にきびの治歴を禄り返すごとでも少しずつ改菩しますが、にきびよりももっと治顎回数がかかります。今までの治療経験から、陥凹部位は周囲の皮膚を含めてアブレージョンするごとが早道です。治療を受けられる方がどのくらいのダウンタイムを許容できるかによって、炭酸ガスレーザー、エルビウムヤグレーザー、フラクショナルレーザーなどを組み合わせて治療をしています。

また、ニキビ跡の陥凹まではいかないけれど、にきびでもなく、赤い塊の状態が長期にわたる症状も良く見かけます。ごの状態はアブレージョンではなくレーザー治療が一番効果が高いです。やはり繰り返しが必要ですが、徐々に改苦していきますので根気良く治療することだと思います。根気良くレーザー治療をしていると、陥凹した部位が混ざっでいる方などでは、ニキビ蹄の陥凹も改善していきます。

現在は以前より良い冶療機械ができたので、治療を受ける方々ががんはってくださると、まあまあ良い詰呆がでるようになりましたニキビ跡を改善させるレーザーを色々使用し、一人ひとりの患者様に合った治療方法を考えて進めています。そうすると肌もきれいになり、メークも楽になられるようです。

毛穴

目空つ毛穴は、皮膚の老化によってだんだん悪化してきます。毛穴もニキビの陥凹と同様に皮膚のくぼみなのですが、ニキビ跡とは異なり正常な構造物ですので、なくすことはできません。でもメディカルエステ、レーザー治療など、よくなる方法はありますので、燥り返し治際を行うことで、だんだんと小さくなってきます。こ希望にあわせての治療が可能です。

ほくろ

色素性母斑のことをいわゆる「ホクロ」といいます。平坦なものからドーム状に盛り上がったものまでおり、色も肌色から荼色、黒色までさまざまです。大きさが大きくなると悪性との鑑別も必要なことがあります。

ほくろの治療

ホクロの治療方法は、レーザーか切除撻合になります。隆起したほくろは、切除か炭酸ガスレーザーで削るかてあり、平坦な色だけのほくろは、しみと同様に色のみに反応させるためにQスイッチレーザーの照射も治療の選択枝の1つになります。ほくろの大きさや数、場所などによって、治療方法に影響しますので、それぞれのほくろを診寮した上で、患者様にとってどの治療方法が良いか考えています。

盛り上がったほくろは炭酸ガスレーザーの治療になります。このレーザーの治療では1度ではなくならない場合もあり、時関が経つと再発することもありますが、また治療を行えばなくなっていさます。平胆なほくろの場合、できるだけ目立たずに治したいという方には、Qスイッチレーザーが適しています。lヵ月ことに繰り返しが必要ですが、ダウンタイムが一番少ない治療です。

ニキビ・ニキビ跡・毛穴・ほくろの治療

リスク・副作用・注意点
かさぶた、照射部位の熱感、赤み など